English

NEWS 2018.06.06

萩原工業株式会社の萩原邦章会長がSDGsの実践事例について授業内で講演

 萩原工業株式会社の萩原邦章会長が5月21日、本学教養科目「SDGs:持続可能な社会に向けた岡山のまちづくり事例」の授業で、学生60人に対して講演を行いました。
 萩原会長は、倉敷市・水島地区の産業変遷史を踏まえ、企業と地域が共生するまちづくりの可能性について説明。「企業がイノベーションに挑戦するためには、まず、これからの未来を担う若い世代の人たちが抱く幸せのイメージを理解することが必要だ」と話しました。講演の後には学生からの質問を受け付け、環境技術についての質問に自社製品を見せながら答えていました。
 この科目は、SDGs(持続可能な開発目標)について学ぶ機会を学生に提供するために、本学、岡山市、企業やまちづくり団体がオムニバス形式で行っており、3月に結成された「みずしま滞在型環境学習コンソーシアム」の支援を受けています。SDGsの実践事例の学習を通して、学生にまちづくりへの参画を促すことを目的としています。

 

○みずしま滞在型環境学習コンソーシアムの関連ニュース
 槇野学長がSDGsと持続可能な地域づくりについて講演
 https://www.sgu.ccsv.okayama-u.ac.jp/news/216.html

 

○岡山大学のSDGsの取り組みについては、こちらをご覧ください。
 //www.okayama-u.ac.jp/tp/profile/okayama-sdgs.html

 

 

【本件問い合わせ先】
 地域総合研究センター 助教 岩淵 泰(TEL:086-251-8541)

 

7597_image_1.jpg7597_image_2.jpg7597_image_3.jpg

ページトップへ戻る