English

NEWS 2019.10.31

G20岡山保健大臣会合開催記念国際シンポジウム「持続可能な高齢化社会・経済のためのライフ・サイクル・アプローチ」を開催

8861_image_1_1.jpg 10月18日、G20岡山保健大臣会合開催記念事業として国際シンポジウム「持続可能な高齢化社会・経済のためのライフ・サイクル・アプローチ」を創立五十周年記念館で開催。G20保健大臣会合参加国からの有識者、研究者、学生など約220人が参加しました。
 横井篤文副学長(特任(海外戦略)担当)の司会によりオープニング・セッションが進行。台風19号の犠牲者に全員で黙とうを捧げた後、厚生労働省大臣官房国際課国際保健・協力室長の田口一穂氏があいさつ。続いて槇野博史学長が、SDGsを基盤とした大学経営の取り組みについて紹介しました。テーマ別のセッションでは、より良い高齢化社会を迎えるためのライフ・サイクル・アプローチについて日本の事例を中心に、また健康でアクティブな高齢者が増えることによる経済への正の影響についてG20参加国の事例をもとに検証しました。パネルディスカッションでは、アジア6カ国を中心に高齢化社会への取り組みを紹介し、ライフ・サイクル・アプローチを基盤とした政策や事業計画の重要性とともに、一人ひとりが若いうちから心身ともに健康な生活を送ることが健康寿命につながることなどについて議論しました。
 本イベントは、国連人口基金(UNFPA)アジア太平洋地域事務所、外務省、世界保健機関(WHO)、ASEM Global Ageing Center、European Observatory on Health Systems and Policies、日本老年学的評価研究機構(JAGES)との共催、G20岡山保健大臣会合支援推進協議会の後援、並びに岡山大学出身のUNFPAアジア太平洋地域事務所 人口高齢化と持続可能な開発に関する地域アドバイザー 森臨太郎氏のご協力により開催しました。

 

 


【本件問い合わせ先】
 岡山大学国際部(TEL:086-251-7048)

ページトップへ戻る