English

NEWS 2020.02.14

タイに日本留学海外拠点連携推進事業ASEAN拠点バンコク事務所を開設

9116_image_2.jpg 本学は、日本留学海外拠点連携推進事業ASEAN拠点バンコク事務所(タイ)を1月30日に開設し、開所式を行いました。
 本学は文部科学省の日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア、旧留学コーディネーター配置事業(ミャンマー))の委託を受け、2015年にミャンマーの首都ヤンゴンに、2018年にはマンダレーに岡山大学日本留学情報センター(OJEIC)を設置し、留学コーディネーターによる留学相談やミニ留学フェアなどの活動を通して日本留学の促進を図ってきました。このたび、活動をタイ・ラオス・カンボジアをはじめとするASEAN全域に拡大するため、タイ・バンコクのモンクット王工科大学トンブリー校内に事務所を開設、新たにコーディネーター1人を配置しました。
 開所式には、カンボジア高等教育・青年・スポーツ省高等教育局長Mak Ngoy(マック・ンゴイ)閣下、ラオス教育・スポーツ省外務局副局長Nouamkham Chanthabouly(ヌアンカム・チャンタブリー)氏、モンクット王工科大学トンブリー校国際担当副学長Pornapit Darasawang(ポーナピット・ダラサワン)氏、在タイ日本国大使館一等書記官久芳全晴氏のほか、国立六大学、タイ、ラオス、カンボジア、ミャンマーから大学および教育機関の関係者、約60人が集まり、開所を祝いました。本学からは、木村邦生副学長(国際担当)、村田芳行日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)統括マネージャー、稲森岳央グローバル人材育成院准教授らが出席しました。来賓はあいさつで、学生の流動化を促進する取り組みへの期待やプロジェクトへの協力の意を述べました。
 バンコク事務所では、大学、教育機関、同窓会などと協力し、ASEAN諸国の学生の日本留学支援を行っていきます。

 

 


【本件問い合わせ】
 国際部国際企画課(TEL: 086-251-8326)

 

 

 

9116_image_1.jpg 9116_image_3.jpg 9116_image_4.jpg       

ページトップへ戻る