English

NEWS 2020.05.29

岡山大学学生生活支援パッケージの策定について

無題.png 本学では、新型コロナウイルス対策本部を設置して様々な感染拡大防止対策を行ってきました。4月末の学生への緊急アンケートや、5月に、学長と学生とのリモートでの懇談会などを通して、学生生活の様々な課題を共有して、学生の皆さんの不安や不便を一つずつでも解消できるように検討しております。
 現在、Alumni(全学同窓会)からの留学生への緊急生活支援等の経済支援、学生相談室におけるICT活用によるオンライン相談の充実や保健管理センターと連携した心身に関する健康相談など、困窮状態にある学生への生活支援を行っております。また、緊急に支援を必要とする学生に対し、一時金として「緊急生活支援金」の給付を決定してお知らせいたしました。
 この度、既存の支援の拡充と、学生同士の自主的な活動への支援、学内ワークスタディの拡充、就職活動の学生への支援の新たな支援を含めた学生生活支援パッケージ(総合的な学生生活無題_1.png支援)を策定し、継続的に学生生活を支援することになりました。
 支援に当たっては、大学運営費に加えて、大学への寄付制度である「学都基金」に新型コロナウイルス感染症関連支援事業を新設し、寄付を募ることで財源を確保していきます。また、Alumniからも別途、留学生・就活生のためのご支援をいただいております。
 本学の支援についてのご理解とご協力をお願いします。

 

 


「学生生活支援パッケージ」
1 経済的支援① 緊急生活支援金の創設【実施中】
→アルバイト収入の減少等により、生活が困窮状況にある学生に1人3万円を給付。「学都基金」に新型コロナウイルス感染症関連支援事業を新設し、学内外に緊急支援(寄附)を呼びかけている。
② 留学生への緊急的生活支援(Alumni(全学同窓会)からのご支援)【実施中】※
→Alumni(全学同窓会)より、文化や習慣が異なる環境で生活を送る外国人留学生(正規生)に対して、生活費の負担軽減のため一人1万円を支給。
③ 留学の中断や中止等により発生する経費の一部支援
→学生派遣プログラムの中止により発生したキャンセル料、及び海外からの帰国者がホテル等で2週間の待機を行った際の経費の一部を支援。


2 学生の主体的活動等への支援【新規・拡充】① 学生同士の支援事業(学生が大学周辺の店舗と協力し、困窮している学生に食事を提供する活動を支援など)
→「学都基金」により対応。上記1①と同様に学内外に支援を呼びかけ。
② 学内で教育研究支援業務等(Teaching Assistant、Research Assistant等)に従事する学生への支給額の拡充
→既存予算を大幅に拡充し、教育研究など学内業務の支援に従事した学生に対する支援を拡大。


3 授業料納付期限の延長【実施中】→令和2年度(前期分)の授業料に係る納付期限を2カ月延長。


4 オンライン授業受講への支援【実施中】→オンライン授業の受講環境が準備できない学生に対し、PCやWi-Fiルータを無償貸与。

 

5 就職活動支援(Alumni(全学同窓会)からのご支援)※→Alumni(全学同窓会)より、就職活動を行う学生の負担軽減のため、活動先の宿泊施設の借り上げを行う。


6 メンタルヘルス相談、学生生活相談の充実【実施中】→ICTを活用したオンライン相談の充実→「新型コロナ感染流行期にこころの健康を保つために(学生向)」の周知による不安解消。学生相談室と保健管理センターが連携し、心身の健康相談に対応。

 

※ 1②及び5の支援については、Alumni(全学同窓会)からの申し出並びに支援に基づき、岡山大学において実施する。

 

 

 

無題_3.png

 

【本件お問い合わせ先】
 岡山大学学務部学生支援課(TEL:086-251-7182)

ページトップへ戻る