• TOP GLOBAL UNIVERSITY JAPAN
  • Japan. Committed to SDGs
  • Sustainable Development Goals
  • 岡山大学

Sustainable Development Goals

Okayama University Top Global University of Japan × Sustainable Development Goals

SDGsを共通言語に、 「グローバル実践人」の 育成を加速化 SDGsを共通言語に、 「グローバル実践人」の育成を加速化

岡山大学の「PRIMEPRIMEプログラム」は、国際化を牽引する大学として存在感を高め、地域に根ざし、世界に輝くことのできる実践人を育成する取組です。20172017年度からは、「PRIMEPRIMEプログラム」をよりグローバルな視点に立つ取組とするために、20152015年度に国連より提唱された「持続可能な開発目標(SDGsSDGs)」を世界と繋ぐ共通言語として国際化を推進しています。SDGsSDGs達成の観点を取り入れることで、社会課題を発見・解決する実践人を育成し、地域や国際社会との一体的なパートナーシップを構築します。

超えて繋がる 岡山大学SDGsの パートナーシップ“Goal 17” 超えて繋がる 岡山大学SDGsの パートナーシップ “Goal 17”

岡山大学は、1994年国立大学で初めての"環境"の名を冠した環境理工学部を設置し、環境学の教育研究に取り組んできました。
2007年にはアジア初のユネスコチェアとして、ESD(持続可能な開発のための"教育")の取組も進めてきました。
2017年にSDGsに関する岡山大学の行動指針を策定し、全部局がSTI for SDGsのための"研究"や"社会"イノベーションに関わっています。
さらに、学長のリーダーシップのもと、産官学金言と協働して、目標を達成するためのパートナーシップ(Goal17)を構築しています。

  1. 環 境
    • 地球規模の環境変化への対応
  2. 教 育
    • SDGsを実践する人材の育成
    • 医療と健康
  3. 研 究
    • エネルギー確保のための科学と
      ソリューションの提供
    • イノベーションの創出
  4. 社 会
    • まちづくりへの支援
    • 共生社会の実現

第1回「ジャパンSDGs アワード」特別賞を受賞 第1回「ジャパンSDGsアワード」 特別賞を受賞

政府のSDGsSDGs推進本部(本部長・安倍晋三内閣総理大臣)が優れた取組を進める企業・団体等をたたえる第1回「ジャパンSDGsSDGsアワード」において、国公立大学では唯一岡山大学が選ばれ、特別賞「SDGsSDGsパートナーシップ賞」が授与されました。

The Critical Language Scholarship Program is sponsored by the U.S. Department of State<http://eca.state.gov/> ; with funding provided by the U.S.
Government and administered by American Councils for International Education<http://www.americancouncils.org/>

「クリティカル・ランゲージ・ スカラシップ(CLS)」を採択 アメリカ国務省から選抜され た25人の留学生を受け入れ 「クリティカル・ランゲージ・スカラシップ(CLS)」を採択 アメリカ国務省から選抜された25人の留学生を受け入れ

本学は、米国国務省・教育文化局が運営する「米国国務省クリティカル・ランゲージ・スカラシップ(CLS)日本プログラム」に採択されました。
全米トップレベルの大学学部生や大学院生25人に、地域を活かした課外活動やホームステイ活動等を提供し、SDGsやESD(持続可能な開発のための教育)を通したグローバル教育を推進していきます。

世界ユースサミット 「One Young World 2018」 に岡山大学の学生が 日本代表として参加 世界ユースサミット 「One Young World 2018」に 岡山大学の学生が日本代表として参加

オランダのハーグ市で開催された世界ユースサミット「One Young World(OYW)2018」に本学の学生2人が日本代表団の一員として参加しました。OYWOYWは、世界190190ヵ国以上から各国を代表する次世代の若いリーダーたちが一堂に会する世界最大級のサミットです。SDGsSDGsを枠組みとしながら、気候変動から戦争と平和、教育、人権、リーダーシップ、グローバルビジネス等、多岐にわたるディスカッションを行いました。

Copyright© Okayama University