English

学生紹介

長澤 諒祐
長澤 諒祐

Profile

兵庫県姫路市出身。岡山大学環境理工学部環境物質工学科(2018年3月卒業)。
2014年OECD(経済協力開発機構)学生大使を務める。タイ、アメリカでの海外研修・留学を経験、帰国後は岡山大学国際学生シェアハウスにて留学生との共同生活を送る。卒業後は、輸送用機器メーカー(事務系総合職)に就職。

 私は岡山大学入学後、環境理工学部に所属しながら、当時開設されたばかりのグローバル人材育成特別コースの一期生となりました。このコースでは、留学をめざした高度な語学力を身につけるため、一般学生と同じ英語科目に加えて、1年生の時からネイティブの外国人教員を中心とした高いレベルの英語科目を履修します。コースには文系・理系さまざまな学部の学生が集まり、個性的な人が多いため、とても刺激を受けたことを覚えています。
 このコースのカリキュラムでは海外語学研修と留学が課されており、私は在学中に合計3回の海外研修と留学を経験しました。1年生で初めて参加したタイの語学研修は、自分の英語力、コミュニケーション力の未熟さを実感するものでした。2年生では、環境理工学部が主催する交流プログラム「晴れの国より巣立つ水環境スペシャリスト」に参加しました。 岡山大学とタイのカセサート大学の学生が、タイと日本で各2週間一緒に学ぶこの研修ではフィールドワークやディスカッションの機会も多く、私の留学への思いはどんどん強くなりました。そして3年生になり、岡山大学短期留学プログラム(EPOK)制度を利用し、留学先の大学への学費負担がない交換留学生として、約10ヶ月間アメリカのイリノイ大学アーバナシャンペーン校に留学しました。留学先では化学や環境などレベルの高い授業についていくために勉学に励む毎日でしたが、限りある留学生活を有意義に過ごすため、現地のサッカーチームでの活動や翻訳のボランティアにも参加するなど、できるだけ現地の学生と交流することを常に心がけていました。そこには現地の学生だけでなく、様々な国から異なるバックグラウンドを持った学生たちとの大切な出会いがあり、今まで知らなかった考え方、感じ方に触れ、新しい世界が広がりました。また、留学経験によって、慣れない環境でも主体的に自分の意見を示し、積極的に物事に取り組めるようになり、かつ相手を尊重しつつ柔軟に対応できるコミュニケーション力も身に付けることができました。帰国後、大学での研究活動や就職活動などのさまざまな場面で、留学で身に付けた力が自分の考え方や行動に活かされていると強く感じています。
 留学から帰国後、私は英語力を維持できる環境を求めて岡山大学国際学生シェアハウスに寄宿し、留学生との共同生活を始めました。世界各国から集まった留学生との生活は、文化の違いに驚くことも多少ありますが、新しい発見の連続から刺激を受けつつ、互いに少しずつ理解しあいながら交流を深めています。私がそうであったように、彼らにとっても留学先での生活や人とのふれあいがかけがえのないものになるよう、週末には観光地を案内するなど日本の素晴らしさを伝え、日々の生活の中で互いの国の文化を語り合う時間を大切にしています。
長澤 諒祐 Read More

瀬崎 景己
瀬崎 景己

Profile

岡山県倉敷市出身。岡山大学文学部人文学科哲学芸術学専修コース(2018年3月卒業)。
2015年度国際インターンシッププログラムに参加し、カナダのブリティッシュコロンビア大学生と共に院庄林業株式会社にて就業実習に参加。集成材製造・加工業務を通じて林産業を経験する。

 「大学を飛び出して、社会を見てみたい」。そんな思いに導かれて「国際インターンシップ」に参加しました。私は大学で哲学を学んでいます。哲学者と共に考え、「あたりまえ」を疑うことで、今まで見えなかった問題が浮かび上がる瞬間は刺激的です。本との格闘は大学生活の醍醐味ですが、身をもって社会や働くことを知りたい気持ちがありました。
 インターンシップのミッションは「2週間会社を見学・就業し、改善提案すること」でした。改善提案の事例として、工具の置き方を変えることで、工具を探す時間のロスが減ったという例を教えて頂きました。小さな「あたりまえ」に気付いて改善することが、会社への貢献に繋がることを知りました。とはいえ、自分の専門とは全く関係のない林産業という分野で、大学とは異なるルールで動いている会社。この二重の非日常の中では何が「あたりまえ」なのか気付くのも一苦労です。毎回、現場の方に質問し、その日わかったこと・考えたことを報告書にまとめました。様々な方と話す内に、「危険表示のピクトグラム化」を思いつきました。従業員の中にはアジア圏出身の方が少なくありません。その方たちにお話を聞くと、「日本語は聞ける・話せる。でも、読めない・書けない。」という人がほとんどでした。そんな中、就業初日に受けた安全教育を思い出しました。工場内には危険が多く潜んでいます。そのため、危険表示がされていますが、ほとんど漢字表記でした。せっかく危険表示があるのに、漢字が読めず、伝わっていない従業員がいるかもしれない。この「あたりまえ」を変えることで、防げる危険があるのではと考え、改善提案しました。この提案は採用され、工場内の危険表示はピクトグラム化されました。小さな「あたりまえ」の改善が会社への貢献に繋がりました。
 振り返ってみれば、このインターンシップでの報告書作り、「あたりまえ」に気付く力、そして、それを他人に正確に伝えるプレゼンテーション…どれもすでに大学で、研究ノート作り、批判的思考力、研究発表として行っていました。一見すると分断しているかに見える2つの世界——普遍性を探究し、頭で反応する大学と、その場の状況に合わせて即興的に反応する職場——これらを結ぶ繋がりが見えました。
 また、「国際インターシップ」は自らの未来とも繋がっていました。インターンシップを通して岡山の地元企業が業界内で活躍している様子を目の当たりにし、地元企業を見直すきっかけになりました。2018年春からは岡山県北で林産業に携わります。「国際インターンシップ」で得たこの繋がりがどこへ続いていくのか、とても楽しみです!
瀬崎 景己 Read More

Pandita Suthamporn
Pandita Suthamporn

 グリーティングス!チャオ!こんにちは!サワディーカ。パンディタ・スサムポン、通称パンパンと申します。岡山大学のグローバル・ディスカバリー・プログラムで学ぶ学部生です。2014年に故郷のバンコクから日本に来て、一期生としてインターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK)に入学しました。落ち着いた町、軽井沢にあるISAKは、数名の篤志家や熱心な教育者、そして発起人の小林りん氏によって創設された学校です。ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパンで3年間学び、この学校を卒業したことは私の人生の大きな出来事であり、私のささやかな誇りです。思い返せば、私の日本での経験はISAKから始まりました。学校のモットーである「可能性の開花」に向けて努力し、めまぐるしく変化するこの世界で活躍するための知識とスキルを身に付ける機会を無限に与えてくれたのがISAKでした。日本に来なければこれだけ充実した日々を送ることはできなかったでしょう。そして先生方がおられなければ、これほど深く日本を体験することも、与えられた機会を最大限に活かすこともできなかったと思います。先生方は私の生涯の師であり、友人です。そして何よりも、人生の激動期をずっと伴走してくださった私の心の父母、心の家族です。
 この拙文を通して、今日の私を育ててくださったすべての人たちに思いを伝えることができればと願っています。こうした人たちの存在は、私の人生の大きな部分を占めています。その教えや導きがなければ、とてもここまで来ることはできなかったでしょう。
 私は、新旧の世代が同居する結束の固い中国系タイ人の家庭で育ち、世代から世代へと受け継がれてきた知恵や人生観を身に付けてきました。一般的な中国人家庭のイメージとは異なり、私は家族の無条件の愛を一身に受けて育ちました。幼い頃から私は、良いことも悪いことも、人生で起きるすべてのことを受け入れなさいと祖父母から教えられてきました。そうすることで豊かな心を育て、内側からより良い人間に成長することができるのだと。強いワーキングウーマンである母は、子どもの教育となると絶対に妥協することがなく、子どもたちが自分よりも良い人生を切り開く機会を絶えず求めてきました。また母の理想的なパートナーである父は、子どもたちが自分というものをしっかりと持つ女性に成長することを強く望み、自分の大切なものを犠牲にしてでも、子どもたちには広い世界を知り、天職に必要なスキルを身に付けてほしいと考えています。文部科学省の奨学生として京都大学で学んだ叔母や、トヨタのエンジニアとして働く叔父のように。
 私が尊敬する人たちに備わったこうした価値観は素晴らしいものであり、この人たちが他の人たちと違っているのもその価値観ゆえだと思います。日本は私だけでなく、私の多くの家族の前にも扉を開いてくれました。このような機会を与えられなければ、その人生は違ったものになっていたでしょう。だからこそ私は日本の高校に進学し、さらに日本で高等教育を受ける道を選んだのです。また日本の生活様式に見られる繊細な価値観は叔母や叔父の生き方にも反映されており、私を日本の魅力の発見へと駆り立ててくれました。叔母や叔父を模範的なロールモデルとして、私も前向きな変化を起こせる人間になりたいと思っています。人々がポテンシャルを発揮するための力になりたいという思いは、何にもまして私の心を奮い立たせます。
 最後になりましたが、ISAK‐日本財団の奨学生として岡山大学のグローバル・ディスカバリー・プログラムに参加できること嬉しく思います。このプログラムの提供する社会イノベーションと文化的多様性のクラスターは正に私が将来に向けて勉強したいと思っている分野であり、過去の経験で培った分野横断的知識とこのプログラムで学んだことを活かして、人々がポテンシャルを発揮するための力になりたいと思っています。そして今後どこで暮らすことになっても、この世界をより良いものにするために尽力したいと考えています。ここグローバル・ディスカバリー・プログラムで素晴らしい先生や仲間のサポートを受けて学ぶことで、私は自分が人生の目的に向けて前進していることを実感しています。これは望む限りの最高の喜びであり、幸せなことだと思います。 Pandita Suthamporn Read More

ページトップへ戻る